メニュー

ジュニアユース カンボジア遠征報告/2日目 - GFA | シンガポールで日系最大級のサッカースクール

トライアル申し込み

入団フォーム

header btn

Global Football Academy

お問い合わせ

ニュース・ブログ (2)

ニュース・ブログ (2)

ジュニアユース カンボジア遠征報告/2日目

カテゴリ: ニュース・ブログ 作成日:2018年08月21日(火)

GFAジュニアユースのカンボジア遠征2日目となる8月18日。

 

この日は午前中は観光に。ホテルでの朝食を済ませた後、

まずプノンペン最大級のマーケットでも知られるセントラル

マーケットへお土産探しに。普段とは違い商品に値札がついて

おらず、交渉制ということを聞き、若干戸惑う中学生の選手も

いましたが、その一方で上手に交渉して買い物を楽しんで

いた選手もいました。そこからは、王宮 (Royal Palace)や

プノンペン市内にあるイオンモールを訪れました。

 

そして日本料理屋であるEdamameでの昼食後、現地カンボジアの

人々との交流として日本語学校を訪問しました。はじめは、生徒の

皆さんとコミュニケーションをとるのにかなり苦労していた選手達

でしたが、最後は積極的にコミュニケーションを取れるまでに。

大変貴重な経験となりました。

 

その後はこの日のメインとなる親善試合。首都プノンペンにあるRSN

スタジアムというところまで行き、トップチームがカンボジア1部リーグに

所属する、強豪Phnome Penh Crown FC (PPC FC)のU15チームと

練習試合を行いました。カンボジアの強豪チームということもあって、

相手選手たちはボールを扱う技術に優れており、なかなかボールを失い

ません。前半の序盤までは対応できてたものの、失点後は完全に相手の

ペースに。しかし、後半は前半で出たコミュニケーションの課題を中学生

選手たちも少しずつ自分たちで修正し、選手それぞれが良さを出していきます。

終わってみれば結果は1−7。しかし、選手たちはスコア以上に大きな収穫を

得ることができました。

 

親善試合後は、カンボジアのプロサッカーリーグ観戦を。

PPC FC vs Angkor Tiger FCの試合をスタジアムで前半のみ観戦することが

出来ました。実はこの試合の前、両チームに所属する日本人プロサッカー選手、

合計5名がGFAの応援をかねてチームに挨拶にきてくれました。その中には

かつてGFAでコーチもしてくれたことがある、深澤仁博選手も!選手達は

そんなプロ選手の試合を間近でみて勉強させてもらいました。

 

プノンペンでの最後の夕食はおしゃれな川沿いのレストランで食事。

レストランから見えるトンレ・サップ川の夜景はシンガポールのクラーク・キー

にも負けないくらいきれいでした。

 

そして、いよいよ明日は本遠征のメインイベントでもある

「U14 GFA Soriya International Tournament 2018 in Phnom Penh」

という大会が開催されます! カンボジアリーグ所属プロチームの下部組織

チームも参戦するこの大会。選手・スタッフ一同全力で臨みます!

© SAMURAI PTE LTD. All Rights Reserved.